ファッション業界の業界リサーチ|プロが実践する業界研究・店舗調査・経営分析

ビジネスは、数字で見よう。

二流、三流のビジネスマンは誰でもなれる。しかし、一流のビジネスマンは少ない。そして経営者になれるのは、たった一握り。でも、プロ経営者になれない訳ではない。

経営者になるためには。

数字に強くなればいい。たったそれだけ。

  • 数字で見る
  • 数字で聞く
  • 数字で話す

数字に強い経営者は、問題点をすぐに把握し発見して行動する。

なぜなら数字は嘘をつかない。

数字に強いビジネスマンは、目標とプロセスを設定し、仕事を実践する。そして仕事を実践する中で成功と失敗の繰り返す。そこで得た知識と経験が自分の基準となって成長できる。

さあ、数字で見よう。

ファッション業界の業界研究&業界リサーチ

ファッション業界のレディス、メンズ、ユニセックス、キッズ、ファミリーなどを徹底リサーチ。ファッション業界の人気ブランドは、ユニクロ、GU、ZARA、H&M、ユナイテッドアローズ、GAP、BEAMSなどが有名。

ファッション業界の基本情報

ファッション業界は、衣料品の企画開発を手掛けるブランドメーカーと、企画・開発・生産・販売までを自社で手掛けるSPA(製造小売り)が軸の2本柱。さらに加えて原料や糸、テキスタイルなどを供給するメーカーそして商社などで構成される。

ファッション業界の売上高、営業利益、従業員数、初任給、平均年齢、営業利益率、一人当たり売上高、労働生産性などの年代別企業ランキングは、「ファッション業界の決算情報|数字で分かるアパレル企業ランキング」をご覧ください。

ファッション業界の業界動向

百貨店などからの客離れが続く中、Amazonや楽天、ZOZOTOWNなどECサイト(電子商取引)が堅調に推移。また、メルカリ、ヤフオク、ラクマなどのリユース市場もスマホの普及によって右肩上がり中。

各社は、自社の通販サイトの整備を強化。

リユース市場では、ワールドが中古品の事業者に出資。サマンサタバサリミテッドも中古品企業と提携して商品の下取りサービスをスタート。ファッション業界全体では、ネットショッピングやリユースなどの新しい市場をいかにして自社へ取り込み、他社と差別化するかがカギ。

ファッション業界の業界情報|1店舗当たりの店舗データ
売上高 7,500万円
客数 1万5千人
客単価 6,100円
坪売上 14万8千円
更新日 2020年4月

ファッション業界の業界リサーチ|カテゴリ別のマーケット情報

ファッション業界を7つのカテゴリ「レディス、メンズ、ユニセックス、キッズ、ファミリー、ベビー、和服・着物」で分類しました。各カテゴリの業界研究・店舗調査・経営分析は、下記よりご覧ください。

レディス
メンズ
ユニセックス
キッズ
ファミリー
ベビー
着物

プロが実践する店舗リサーチ「店舗調査・店舗カルテ・経営分析」で分かる数字

ナンバー 店舗名
1 #1 UNIQLOの数字「店舗調査・店舗カルテ・経営分析」ビジネスレポート
2 #2 GUの数字「店舗調査・店舗カルテ・経営分析」ビジネスレポート
3 準備中
4 準備中
5 準備中

ファッション業界をもっと詳しく知りたい方は、下記の企業ランキングをご覧ください。

ファッション業界の企業ランキングを見る

関連記事

  1. 2018年版−初任給|業界規模・業界動向・企業ランキング

  2. 2018年版−従業員数|業界規模・業界動向・企業ランキング

  3. 2018年版−利益率|業界規模・業界動向・企業ランキング

  4. 【2020年版】ファッション業界の営業利益ランキング

  5. 2018年版 年商・売上高|業界規模・業界動向・企業ランキング

  6. 【2020年版】ファッション業界の売上高ランキング

  7. 2018年版−利益|業界規模・業界動向・企業ランキング

  8. at NITORI|株式会社ニトリ