日経平均株価・為替・主要銘柄のマーケットリサーチ|5月7日版

日経平均株価・為替・主要銘柄のマーケットリサーチについて

2019年5月7日(火)のマーケットリサーチ。

5月7日は、GW10連休明けのマーケットがスタート。アメリカのトランプ大統領が5月10日(金)から対中関税の引き上げを表明しました。中国の副首相が訪米し、5月9日から10日にかけて協議する予定ではあるものの、市場の反応は決裂に終わる懸念が強まったと見られています。株安への警戒度を示す指数も3割ほど高い傾向となり、4ヶ月ぶりの高水準となっています。

トランプ大統領の表明から市場が反応し、アップルやボーイングなどの銘柄が3〜4%下落。

5月10日からの関税が引き上げが確実となった場合、米中の景気回復のシナリオが揺らぐ恐れがあり、中国と関連の強い銘柄を中心に売られた状況です。

マーケットリサーチ「日経平均株価」について

為替 5/7終値 5/6終値
終値 21,923円 -円
始値 21,628円 -円
高値 21,639円 -円
安値 21,546円 -円

マーケットリサーチ「FX・為替」について

為替 5/7終値 5/6終値
米ドル/円 110.24円 -円
ユーロ/円 123.35円 -円
豪ドル/円 77.29円 -円
英ポンド/円 144.12円 -円
NZドル/円 72.76円 -円

マーケットリサーチ「日本の主要企業銘柄」5社

銘柄 5/7終値 5/6終値
トヨタ 6,824円 -円
ホンダ 3,077円 -円
日本郵政 1,241円 -円
日産 878円 -円
NTT 4,752円 -円

関連記事

  1. 新時代を切り開くアマゾンとグーグルが実践するIOT戦略とは

  2. アメリカが自動車への追加関税導入を見送り、貿易摩擦への警戒感が後退

  3. NHK受信料が7100億を突破し、5年連続で過去最高更新

  4. 中国がアメリカからの輸入品に対し、最大25%の関税引き上げを発表。

  5. 世界で戦えるIOT技術。村田製作所・ソニー・TDK・ファナック

  6. 売上高30兆円のトヨタでも「終身雇用」は難しいと豊田社長が認識を表明

  7. 世界を変えたFANGの新しい戦略。IT企業が仕掛けるIOTとは

  8. 日経平均株価・為替・主要銘柄のマーケットリサーチ|5月9日版

  9. シャープが「米中貿易摩擦や中国経済の減速」で中期経営計画未達へ