成田空港・羽田空港のリムジンバスが値上げで東京オリンピックの特需を狙う

リムジンバスが値上げを発表し、ビジネスマンや一般客の負担増

成田空港や羽田空港を利用するに必要となる電車やバス。

 

今回は、空港リムジンバス(東京空港交通)が2019年5月13日に値上げを発表。

 

リムジンバスが値上げとなるのは、

成田空港や羽田空港を発着する一部の路線。2019年6月21日から運賃を100円値上げします。

 

空港リムジンバスの運営会社は、

  • 安全対策の強化
  • 乗務員確保
  • 最新ASV(先進安全自動車)
  • バリアフリー対応のバス

などの導入費用などに充てることも合わせて発表されました。

 

値上げする路線は、

「成田空港と東京都内」「羽田空港と栃木、群馬」を結ぶ路線で実施となります。

 

今回の値上げで

成田空港と羽田空港を結ぶ路線は、3200円(+100円増)になります。

一方で、割引運賃が設定されている一部の路線は、料金据え置きとなります。

成田空港発着 リムジンバスの価格表

改定後 改定前 路線
2900円 2800円 都心線(2800円区間)
3200円 3100円 都心線(3100円区間)
3700円 3600円 YCAT・みなとみらい地区・ニューグランド線
3400円 3300円 調布線
3500円 3400円 多摩センター線(3400円区間)
3600円 3500円 多摩センター線(3500円区間)
3700円 3600円 立川線(3600円区間)
3800円 3700円 立川線(3700円区間)
3900円 3800円 八王子線(3800円区間)
3200円 3100円 ふじみ野線
3200円 3100円 新越谷線
3100円 3000円 TCAT線
3200円 3100円 東京駅線
1900円 1800円 東京ディズニーリゾート・新浦安線

※特定の停留所限定で割り引く「特定区間運賃」は、2800円に据え置き。

羽田空港発着 リムジンバスの価格表

改定後 改定前 路線
2900円 2800円 宇都宮線(2800円区間)
3500円 3400円 宇都宮線(3400円区間)
3600円 3600円 宇都宮線(3600円区間)
3200円 3100円 桐生線(2800円区間)
3200円 3100円 桐生線(3100円区間)
3500円 3400円 桐生線(3400円区間)
3700円 3600円 桐生線(3600円区間)
3400円 3300円 前橋・高崎線(3300区間)
3700円 3600円 前橋・高崎線(3600区間)

リムジンバスの値上げは、オリンピックを控えての戦略

リムジンバスが値上げを発表したのは、各路線で100円の値上げ。

 

成田空港や羽田空港を利用する一定のお客からの値上げ分と、2020年に控える「東京オリンピック」に向けて、海外からの旅行者や関係者などが日本を訪れる際に利用される想定も含まれています。

 

オリンピック直前の値上げや消費増税などに伴う値上げも見え隠れしており、

今後のリムジンバスの利用料金についても注目です。

関連記事

  1. 中国がアメリカからの輸入品に対し、最大25%の関税引き上げを発表。

  2. 日経平均株価・為替・主要銘柄のマーケットリサーチ|5月8日版

  3. NHK受信料が7100億を突破し、5年連続で過去最高更新

  4. 日経平均株価・為替・主要銘柄のマーケットリサーチ|5月7日版

  5. 新時代を切り開くアマゾンとグーグルが実践するIOT戦略とは

  6. シャープが「米中貿易摩擦や中国経済の減速」で中期経営計画未達へ

  7. 日経平均株価・為替・主要銘柄のマーケットリサーチ|5月9日版

  8. 世界を変えたFANGの新しい戦略。IT企業が仕掛けるIOTとは

  9. アメリカが自動車への追加関税導入を見送り、貿易摩擦への警戒感が後退