アメリカが自動車への追加関税導入を見送り、貿易摩擦への警戒感が後退

アメリカの株式相場が半月ぶりの続伸で終了

2019年9月15日、アメリカの株式市場は続伸。

 

ダウ工業株30種平均は

2万5648ドル02セント(前日比115ドル97セント増)で終えました。

 

ダウ平均の続伸は、半月ぶり

 

世界景気の先行き不透明感から売りが先行するも、アメリカが自動車への追加関税導入を先送りをするとの報道によって、買いが優勢になりました。しかしながら、中国の4月工業生産高が予想を下回ったこと、アメリカの4月小売売上高も0.2%減(前月比)と予想に反して減少。その結果、アメリカと中国の低調な経済指標を受けて世界景気への不透明感が強まった模様です。

 

相場の流れが変わったのは、午前中。

「アメリカが自動車や同部品への追加関税導入の判断を6ヵ月遅らせる」との報道によって、貿易摩擦への警戒感が後退。自動車株やハイテク株も動き始めました。

 

ナスダック総合株価指数も続伸。

アルファベット(グーグル)とフェイスブックの上げが目立った格好。

関連記事

  1. 成田空港・羽田空港のリムジンバスが値上げで東京オリンピックの特需を狙う

  2. 新時代を切り開くアマゾンとグーグルが実践するIOT戦略とは

  3. 売上高30兆円のトヨタでも「終身雇用」は難しいと豊田社長が認識を表明

  4. シャープが「米中貿易摩擦や中国経済の減速」で中期経営計画未達へ

  5. 世界で戦えるIOT技術。村田製作所・ソニー・TDK・ファナック

  6. 日経平均株価・為替・主要銘柄のマーケットリサーチ|5月9日版

  7. 中国がアメリカからの輸入品に対し、最大25%の関税引き上げを発表。

  8. 「ライザップ」赤字193億円(当初70億円の赤字)で着地と決算発表

  9. 2019年19週「日経平均株価・米ドル円・ニュース」マーケットリサーチ